名古屋で探すこだわりの新築一戸建て ~メーカー比較サイト~

三角の画像

Home > 新築一戸建て情報 > 新築一戸建てを購入するときの注意点

新築一戸建てを購入するときの注意点

 新築一戸建ての家を購入しようと考えている場合は複数の注意点が潜んでることに要警戒をしなければなりません。まずはその住宅が建造されている場所をよく入念に何日も日や時間帯を変えてしつこく調べ上げるということです。家の住み具合の満足度を高めるには、住宅そのものの品質もさることながら、周辺の環境がそれ以上に大事になります。その周辺の環境で気を付ける1つ目は騒音や人通りがやたら多すぎないかという点です。騒音や人通りが多すぎると落ち着いた生活ができなくなります。また同様に注意することとして、車の往来が多すぎる道路沿いには建物を建造しないことです。なぜならエンジンなど騒音が多いし、車の事故に遭遇する可能性も高くなります。またそれだけでなく車の排気ガスが住宅内に侵入しやすくなるからです。それはすなわち健康被害にもつながりやすくなります。

 次に気を付けることは、その場所は過去に自然災害に遭ってる地域か否かという点です。自然災害は地震だけではなくて、台風やゲリラ豪雨の水害なども該当します。もし土地の低い場所にあると、この大雨などで容易に床下浸水や床上浸水の被害に遭いやすくなるからです。山に行って無理やり造成した土地だと、逆に土砂崩れの被害にも遭いやすくなるかもしれません。これらの可能性も考えて、家を買おうとしている場合は即断しないでよく検討をしなければなりません。3つ目に気を付けることは周辺環境以外にトータル費用の問題となります。家を売り出している業者の中にはすべてをこみ込みの数字で販売しているところばかりとは限りません。出されている数字は家の建物そのものに対する数字だけであって、実際にはほかに必要な数字を隠して販売している場合があります。この数字の存在を知らずして契約すると想定外の数字になってしまいます。

 そして最後に気を付けることは資金対策となります。大半の人は家を現金で即決支払いできないので、ローンを組もうとします。しかしそのローンには審査というのがあります。この審査に落ちると家は契約できません。またローンの審査基準は不透明であること、そして借りる金額によって異なります。できるならば借りる金額は少しでも減らしたほうが審査に合格しやすくなります。そのためには頭金を現金で支払いは借りる金額を減らせるために相当大事な要素となります。また資金対策は家のローンの返済だけを考えていてはなりません。これ以外の要素として税金の問題があります。この税金が最初のころは年に何十万円という金額になります。そのためこの分も見込んで返済計画を立てていかないと破たんしてしまいます。もちろんこれとは別に火災保険や地震保険、シロアリ対策など追加の費用が次から次へと発生していくことも忘れないようにしなければなりません。

次の記事へ

カテゴリー